ほうれい線が深いほど高血糖になりやすい?【たけしの家庭の医学】

11月6日の「たけしの家庭の医学」では、ほうれい線と血糖値の関係について特集していました。えーーー!初耳ー。ですよね。どのようなお話なのでしょうか。

高血糖になりやすい「ほうれい線が深いひと」というデータ

番組では

ほうれい線が深い人は将来「高血糖」になりやすい、
というデータがある、というお話でした。

よく聞くと

糖分の影響で肌がダメージを受けて
ほうれい線が深くなりがち。

ということみたいです。

ってことは、

ケーキやおまんじゅうを
食べると

「ほ、ほうれい線が!?」
と、びびりますよね。。

そういうデータではないみたい。

つまり

◎糖分は肌ダメージを起こす可能性がある。
そのひとつとして「ほうれい線」が深くなる。

◎そんな糖分をとりすぎる傾向にあるひとは
「高血糖」になりやすい。

◎ビタミンDを摂ると高血糖が防げる。

という3つのお話です。

高血糖を防ぐ効果が期待できるのが
「ビタミンD」で
きのこや魚に含まれているので食べましょう。

という趣旨ですね。

ビタミンDでほうれい線が防げる、

みたいな流れに聞こえたので

えっ?

と思いましたが、

そういうことではなさそうです。
紛らわしいですね。

なーんだ。

糖化は肌老化の大きな原因

しかし、糖分の摂りすぎはよくありません。

最近よく耳にすると思いますが
肌が「糖化」により、老化するから。

ほうれい線が深くなる、
つまり「たるみ」も肌老化のひとつですが、

糖化による「くすみ」も大きな問題です。

年齢肌のくすみって

「黄ぐすみ」やら

「茶ぐすみ」やらと

防ぐのがたいへんです。

糖化エイジングケア化粧品も

たくさん発売されていますが

肌のお手入れだけでなく
食生活も考えなければなりません。

30歳過ぎて
甘いものを食べすぎたときなど

「太るぅ♡晩御飯減らさなきゃっ」

とか言ってる場合ではなくて。

だいたいそんなこと言ったって

かわいいネ!

とか言ってもらえる
年齢でももはやなくて

油断すると

メタボ&

「黄ぐすみ」「茶ぐすみ」ですよ。

大人なんだから。

肌老化のスビードアップを
抑えるために

かしこく、
肌によい食事を。

ファンケル無添加エンリッチのスゴい成分って何?効果や口コミは