血管年齢を若くするにはこの食べ物!テレビで紹介【梅干し・酢・茶】

血管年齢を若くするにはこの食べ物!という特集が「教えてもらう前と後」というテレビ番組で高血圧予防にはこの食べ物という特集が「この差ってなんですか」という番組で連続して放送されました。高血圧を予防して血管年齢を若くするには=肌を若くするには、に直結しているはず。

血管年齢を若くするにはこの食べ物!

梅干し・お酢で高血圧予防、緑茶で血管年齢を若くする

高血圧を予防する「梅干し」


テレビ番組「この差って何ですか?」で

梅干しは
加熱すると血液サラサラになる。

ということでした。

知らんかったー。

「梅がゆ」などが好きで
無意識で加熱して食べていましたが、
よかったということですね。

梅干し加熱レシピ

番組で紹介されたのは2つのレシピ。

梅干しの炊き込みごはん

洗った米と梅干しを炊くだけです。

梅びしお

うらごしした梅を砂糖とみりんで煮詰める
梅ジャムみたいな感じです。

高血圧を予防する「お酢」

番組の実験では

毎日、スプーン1杯のお酢を8週間。

番組の実験では
高めの血圧の方が基準値内に下がっていましたね。

ピーナツと一緒に食べると
ピーナツのオレイン酸が
悪玉コレステロールを減らす効果があるので

より高血圧にはよいらしいですが
バターピーナツなどは塩分があるからどうかな・・・。

お酢は「りんご酢」でもいいそうです。

お酢を薄めず飲むと胃が荒れることもあるので
酢の物にして食べるとか、ドレッシングにするとか
のほうが、いいと思います。

また黒酢は代謝アップを促すので
脂肪が燃焼しやすい、ということでした。

血管年齢を若くするには、お茶+◎◎

「教えてもらう前と後」という番組では

「血管年齢を若くするには」という特集。

提案していたのは

でした。

80度くらいの緑茶にすった生姜を
小さじ1杯半ほどいれて
食事の前後に

一杯ずつのむ。という実験。

血管年齢が15歳若返るひともいましたね。

でも、前に見た番組では

紅茶に毎日すった生姜を入れて飲んでいるという
女優に「意味なし!」と言い切ったバラエティ番組もあったので
はたしてどちらがあっているのか・・・

血管を開く生生姜、体ぽかぽか加熱生姜

出典:Amazon

というわけで調べてみました。

自分は体温を下げると肌によくないから、と
スライス生姜を煮たお湯で緑茶を入れてよく
飲むんですが。。。

生の生姜

生生姜の辛み成分は整腸作用・殺菌作用があり、血管を開かせる働きがあるそうです。そのため体内の温度はやや下がります。血管年齢を下げる働きもなるほどとうなずけます。いわゆる「しょうが紅茶」もこちらですね。加熱しないために緑茶の温度は80度キープというわけでしょう。

加熱した生姜

加熱すると生生姜で期待されているあの成分が変化して体をあたためる「ショウガオール」という成分に。こちらは体内部からぽかぽかになります。寒い日にあたたまりたいならば加熱した生姜がおすすめです。

まとめ

梅干しは加熱すると高血圧予防に。
酢は継続してとる必要があります。

緑茶+生姜は血管年齢を下げます。