あなたの顔のシワはどの種類?選ぶべきエイジングケア美容液はどれ

シワ対策

顔にあらわれるシワにはいろんな種類があります。シワを防ぐにはまず「保湿」ですが、できてしまったシワ、薄い小ジワなどシワに合わせた専用美容液もおすすめです。




顔にあらわれるシワの種類はこんなに多様

顔にシワが!と言っても
シワには
いろんな種類があります。

シワに合わせて
化粧品を
使うと効果的ですよね。

顔のシワの種類

◇小ジワ

薄く、まだ浅い小さなシワ。
口元や目元にできます。

加齢によるものが多いですが、
若くても紫外線によるもの、
乾燥による小ジワができることも。

ダイエットによる栄養不足も原因に。

小ジワだからって
放っておくと
深いシワになります。

薄く浅い小ジワのうちに
保湿することで
消えることもあります。

◇ちりめんジワ

小ジワの一種。
ちりめん生地のような
細かく薄いシワ。
乾燥が原因のことが
多いですね。

◇カラスの足跡

目尻のシワのこと。

◇ほうれい線

ほうれい線があると
老けて見えますよね。

原因は頬のたるみ。

加齢により真皮層のコラーゲンが
低下したり、

間違ったマッサージなどで
エラスチンが切れたりして
できるシワ。

◇マリオネット線

口角が下がり、
そこからアゴへかけて
できる腹話術人形のようなシワ。

頬のたるみが原因です。

ほうれい線と同じく、
加齢により真皮層の
コラーゲン低下や

間違ったスキンケアで
弾力繊維が切れたりして

頬がたるむことになって
できるシワです。

最近では下を向くことが
多いスマホ依存の女性など、
若くでもできる場合も。

◇表情ジワ

笑ったりしたときなど

表情に合わせて
できるシワ。

目尻、眉間、おでこなど。

真顔になったときは
消えますが、

だんだん定着して
くっきりとした
深いシワになることもあります。

◇定着ジワ

ポーラ化粧品の表現です。
表情に合わせてできていた
小さなシワが
だんだん深くなり
定着してしまうこと。

◇潜在ジワ

ポーラ化粧品の表現です。
小ジワになる前の段階。

見た目にはわかりませんが、
皮膚の下で乾燥やコラーゲン低下が
進んでいる状態。

あるとき
くっきりとした小ジワに。

 

段階的にシワ対策

深い定着ジワになってしまってから
戻すことはとても難しいのですよね。

なるべく早い段階で
ケアすることがポイントです。

おすすめのシワ対策美容液

ポーラ「リンクルショットメディカルセラム」

めちゃくちゃ売れてる本格シワ対策クリーム。

リンクルショット

 日本初承認の「シワを改善する薬用化粧品」。
シワ対策美容液としてはベスコス一位総なめで
めちゃくちゃ売れていますね。潜在シワではなく定着シワに期待。発売以降、約115万人がすでに使用しています。
ほうれん線が!おでこのシワが!と
口コミでも大評判。
くわしくはこちらから
>>>【POLA】リンクルショット

 

アヤナス「アヤナス リンクルO/L コンセントレート」

敏感肌専用の大ヒットシワ対策オイル。

日本初「シワを改善する」[敏感肌用]薬用オイル状美容液

日本初、 敏感肌用の
「シワ改善薬用オイル状美容液」です。

ポーラ・オルビスグループの
敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から登場しました。

敏感肌特有の2つのシワ、
▢おでこや目の下などの細かい表皮の面ジワ
▢ 目じりやほうれい線などのくっきり深い真皮の線ジワ

にアプローチします。

くわしくはこちらから
>>>アヤナスリンクルオイル

どちらも
長年エイジングケア研究してきた
ポーラ化粧品系です。

まとめ

顔にあらわれるシワの種類をまとめました。
シワ対策には、大人気シワ美容液が
やっぱりおすすめですね。



タイトルとURLをコピーしました