50代の血管若返り玉ねぎの食べ方とオリーブオイル【名医の太鼓判】

血管の若返りに効果的な玉ねぎの食べ方を【名医の太鼓判】でやっていたのをたまたま見ました。ゲストが本当に血管年齢-20歳とかなのでメモメモ。オリーブオイルもスゴイんですね。

50代からの血管の若返りに効果的な玉ねぎの食べ方とは

「名医の太鼓判」という番組で50代からの血管若返り
をテーマに

玉ねぎの食べ方とオリーブオイルについて
やっていました。

血管年齢が高いゲストや
一般の人が登場して

2週間玉ねぎを食べると
どうなるか、

という実験だったのですが

ゲストのおったんやおばちゃんが
-20歳の血管年齢で

悪玉コレステロール値が
みなさん標準値以内となりました。

すご・・・。

なぜか昔から生の玉ねぎが好きなので

だいたいサラダにして食べているのですが

効果倍増の食べ方があるというので

メモしておきます。

血管若返りが期待できる玉ねぎの効果的な食べ方

玉ねぎには「ケルセチン」という成分が含まれています。

これが悪玉コレストロールを撃退するそうです。

「ケルセチン」を増やすには天日干し

茶色の薄い皮をむいて
1週間ほど日当たりのいい窓際に
おいておくと外側が白→緑に。

これが

ケルセチンが増えたよ!

という目安なんだとか。

ケルセチンは
ストレスなどで発生した血液中の
「活性酸素」もやっつけるそうです。

「活性酸素」・・・
肌老化の原因でもありますね。。。

美肌のためにも・・・食べなくちゃ!

って感じですね。

流化アリルをアリシンに変化させる輪切りと寝かせ

玉ねぎの切り方で推奨されたのは

輪切り方向です。

繊維に対して直角、です。

すると辛味成分「流化アリル」がいっぱいでます。

この辛味成分が空気に触れると「アリシン」に変化します。

「アリシン=血液サラサラ成分」。

どっさりアリシンを増やすため、
切ったら20分、
冷蔵庫で放置してください、ということです。

というわけで

1日1個の玉ねぎ×2週間で
悪玉コレストロール値が高い

ゲストのおったんやおばちゃんが
-20歳の標準値となりました。

番組でいうところの
最強の玉ねぎレシピは

玉ねぎのチーズみそ汁

でした。

玉ねぎスライスと

薄揚げのみそ汁に

チーズを入れたもの。。。

うーん。

美味しいかどうかは・・・謎ですけどね。

組み合わせが最強、ということらしいっす。

玉ねぎ+味噌汁+チーズ。

一応覚えておきましょう。

この間テレビで見て実践した

味噌+ヨーグルトに玉ねぎを漬けこむ、

というのはやってみましたが、まあまあでした。

老化予防、血圧低下。血流をよくするオリーブオイル

玉ねぎと同時に紹介されたのが

「オリーブオイル」。

加熱に弱い「えごま油」「アマニ油」を抑えて
番組おすすめ堂々1位。でした。

なんと

オリーブオイルは

熱に強く

その76%が血液サラサラ「オレイン酸」
なんですって。

そうだったのか。。。

太りにくい、と聞いて20年前から

ずっとオリーブオイルを使っていたけど正解ってこと?

生の玉ねぎが好きで
なんでもオリーブオイルを使って20年・・・

そういえば20代から血圧が変わらないけど
効果あるのかなー?

エリーブオイルの食べ方は自由。

なんでもかけていいみたいです。

わたしが好きなのは、
トースト+オリーブオイル+ニンニク+チーズ+ケチャップ+バジル。

ピザやな。。。

番組では

塩漬け瓶オリーブとオリーブオイルを入れた
炊き込みごはん。

最強ドレッシングとしては

オリーブオイル+豆乳+酢

を紹介してました。

うーん。。。

別々に食べちゃダメ・・・?
と個人的には思いましたが。。。

納豆+オリーブオイル、というのもありました。

これはまあ、あるかも・・・。

「名医の太鼓判」、味は二の次か・・・?

ただ番組のテーマは

50代からの

血管若返り。。

アラフィフとしては

味はどうあれ実践あるのみ、で
ございます。